2018年7月18日水曜日

NBA 大きく変わる勢力図、来季西を制するチームはNBAを制する!?

7月1日からFA選手の交渉が解禁され、例年以上に動きが見えたNBAオフシーズン。 ここまでの動きで最も大きなニュースと言えばやはり"キング"レブロン ジェームズのレイカーズへの移籍。



昨季の段階でジミー バトラーやポール ジョージ、デリック ローズやカーメロ アンソニー等オールスター選手が次々とイースタンカンファレンスからウエスタンカンファレンスに移籍。

西高東低となりオールスターゲームのイースト vs ウエストの構図が崩れ、チーム レブロン vs チーム カリーというファン投票で選ばれた選手を東西関係なくキャプテンかドラフトする、というルールに変わりました。

これは後々プレーオフも東西関係なく上位16チームで戦う、なんて話も出てきております。

そんな中でのレブロンのウエスタンカンファレンスへの移籍はいよいよそういった話を本格的に進めなければならなくなるかも知れません。

そんな超激戦となる来季のウエスタンカンファレンス、上位予想チームの現時点での状況を各チームのキーマンを一人挙げつつ、おさらいしてみましょう。




= ゴールデンステイト ウォリアーズ =


なんともあっけない4連勝でNBAファイナルをあっさり制して2連覇、ここ4年で3つ目のリングを手にしたウォリアーズ。

いよいよ、2000年~2002年のレイカーズ以来のスリーピート(3年連続チャンピオン)に王手となったわけですが、このオフも抜かりない補強に成功しました。

それはオールスター プレイヤーの

デマーカス カズンズ
の加入だ。

カズンズはニューオリンズ ペリカンズで同じケンタッキー大学出身のラジョン ロンドとアンソニー デイビスと共にいいシーズンを送っていたが選出されたオールスターゲームのわずか1週間程前にアキレス腱を断裂、シーズンアウトとなっていました。

アキレス腱の断裂は選手としての価値を大きく下げ、FAのカズンズへのオファーは無く、噂されていたレイカーズも怪我を抱えるカズンズに手を差し伸べなかった。

そこで年内の出場は厳しくとも長い目で彼に可能性を感じたウォリアーズがオファーし合意したわけだがその金額はなんと1年530万ドル(約5億8400万円)、格安だ。

いくら怪我明けとはいえ復帰後にカリー、トンプソン、KD、グリーンのスタメンにカズンズなんてことになれば、スタメン全員オールスタープレイヤー、全員アメリカ代表選手(ちなみに6thマンのイグダーラ)というとんでもないチームになりました。

ますます悪者感が...。

昨季のセンター、パチュリアとマクギーは放出されました。

果たしてカズンズの完全復活はあるのか!?
スリーピートへのキーマンとなりそうです。





= ヒューストン ロケッツ =


昨季のレギュラーシーズンは圧倒的でした。

ポール、ハーデン、ゴードンという超攻撃型のバックコート陣に急成長を遂げたセンター、クリント カペラの台頭、そしてスペースを広く開けて誰もが打ってくるスリーポイントでウォリアーズをも圧倒するような強さでした。

しかし来季はそう簡単ではなさそうです。

まずはクリス ポールの再契約には成功しました。
マックス契約で4年間で1億6000万ドル(約177億円)、晩年を迎えるプレイヤーとしては最高の契約を手にしましたがこれ以外にいいニュースがありません。

まずはトレバー アリーザがサンズへ、ルーク バー ア ムーテがクリッパーズとチームのディフェンスを支えてきた両ウイングプレイヤーがいなくなり更にカペラも球団と金額の折り合いがつかずまだ残留するかが未定です。もしもポールが契約金額を抑えていたらどうなっていたのでしょうか、なんてよぎってしまいます。。。

そして足りなくなったウイングの補強として名前が挙がっているのが、、、

カーメロ アンソニー

ウチに来てくれ!って抱きついてるように見えちゃいますね。

このメロの獲得について様々な意見がありそうです。これは別でまたブログにでも書きますね。そう、このメロ獲得となった時それが吉と出るか凶と出るかといったところでしょうか。




= ロサンゼルス レイカーズ =


冒頭でもお話しした通りレブロンがやってまいりました。

続いてウォリアーズからジャベール マクギー、そしてヒート時代から何かと敵対してきたランス スティーブンソンがやってきました。

更に更にもっとも驚かせたのが
ラジョン ロンドの加入です。


フィットしてたペリカンズでの1シーズン。

近年どのチームに行ってもいい関係が築けていなかったロンドにとってやりやすいいい環境だったので来季が楽しみだったのですが、意外な展開でしたね。

しかも本人はスタメンには拘らず、との意向も示しております。

これは昨季のルーキー、ロンゾ ボールをしっかり育てたいレイカーズの期待をしっかりと理解し、そしてそのボールの指南役も買って出るよ、的な俺が俺がではなくチームの未来、バランス等を考えてのNew ロンドだよ。みたいな?

そしてそんなボール以外にも、クズマ、イングラム、サマーリーグのMVPのハート、サマーリーグセカンドチームに選ばれたミハイリュク等期待の若手がたっぷりいるレイカーズ。

とは言え、そんな若手がある程度いながら5季連続でプレーオフを逃しているチームがレブロン等の加入で一気に強豪チームになれるのか。ちなみに獲得が噂されていたスパーズのカワイ レナードの獲得は今回は見送られる模様。まだわかりませんが。




= オクラホマシティ サンダー =



昨季最も期待外れに終わってしまったチームと言っても過言ではないチームがサンダーだろう。

ポール ジョージ、カーメロ アンソニーのオールスターの加入でKD移籍ショック後、孤軍奮闘のウエストブルックを助けるべく大きな勝負に出たチームでしたがちぐはくなままシーズンは終了してしまいました。

開幕前から言われていたのはメロが6thマンを受け入れればバランスがよく期待できる成績を残せる、というのもメロはその気は無く恐らくドノバンヘッドコーチも言えなかったのでしょう。

そしてこのオフ、ジョージはほぼレイカーズで決まりと思われていたところなんとなんとまさかの4年契約で残留。最も脂の乗るこれからの4年をサンダーでプレーする決断をしたのだ。確かに地元への愛はあるが同じカリフォルニア出身のウエストブルックがフランチャイズプレイヤーとして戦う姿に感化されたのでしょうか。

しかしリーグナンバーワンのサラリーで圧迫されたチームは恐らくメロを放出するとのこと。これはチームにとってもメロにとってもいい判断だと思います。

メロ以外のコアメンバーはほぼ残留となりそうで、サラリー状況厳しい中マブスからナーレンズ ノエルがミニマム契約で加入。昨季の課題だったセンター、アダムスのバックアップとして期待できそうです。

あと足りない駒と言えば、、、

ウイングの選手です。

できればお金があまりかからない選手となるとやはり若い選手をサマーリーグで探してみて、ディフェンスができてスリーポイントも打ててなんて探していると、合うんじゃないでしょうか

渡邊雄太選手。


フィジカル面ではまだこれから鍛え上げる必要はあるかもですが、サマーリーグの活躍を見る限りサンダーの足りない部分を埋めてくれそうなプレースタイル。特にあのディフェンスは魅力的です。





というわけでわかりやすい4チームを今回はご紹介しました。

主力がどうなるかでまだ未知数なスパーズやウルブス、そして今回紹介した4チームに食い込んできそうなジャズ等まだまだ紹介し足りないのでまた次回ご紹介いたします。

そう、今後の主力選手の移籍で勢力図はまだまだ大きく変わる可能性があります。
このオフの動向をまだまだじっくりチェックしていきたいと思います。

王朝を築きつつあるウォリアーズを止めるチームは一体どのチームなのか!?




2018年7月10日火曜日

”インスタグラムからお買い物出来ちゃう SHOP NOW(SHOP NOW) サービス開始しました!!"


こんにちはスタッフのショータです。

国内でも解禁されたばかりの
インスタグラムからお買い物出来ちゃう SHOP NOW機能が
当店でも実装されました!!

今までの買い物の仕方がよりスマートになること間違いなしの機能です。

ちなみに最近ではスマートフォン用ページもリニューアルしました~
(過去のピックアップで詳しく紹介していますので是非ご覧ください)
↓↓↓
↑↑↑

~今回は、インスタグラムからのお買い物の仕方をご紹介~


当店アカウントTOPページ左下のショップボタンをタッチ!!


気になる商品をタッチ!!


画像を一度、タッチすると商品タイトル・価格が吹き出しに出できます。
その吹き出しをさらにタッチ!!


より詳細な商品ページをご覧いただけます。
さらにウェブサイトを見るをタップ!!


そうするとアメイジングストア本店の商品ページに飛びますので
カートに入れお買い物していただいてご購入完了となります。

インスタグラムから購入できる商品は


画面左下の手提げバックみたいなアイコンが目印です。
まだサービスがスタートしたばかりなので
インスタグラムでご購入できる商品は、一部となっておりますが
今後は国内ではあまり出回らない記念物アイテムや選手が試合後のインテビューで
身に着けているあのアイテムなどスポーツに特化した当店だからこそ出来るマニアの心をくすぐる、厳選したアイテムを随時更新していきますので是非!!!!

Amazing store  インスタグラムアカウント  
@amazingstore_tko

2018年7月2日月曜日

キッズサイズ商品を大きさごとにご紹介 !!


当店取り扱いのNEW ERAキッズサイズ商品ですが
かなり展開サイズが増えてきましたのでご紹介。

個々に見ても分かりづらいと思いますので
大きいサイズからご紹介させて頂きます。

大きい順から
KIDS、YOUTH、CHILD、TODDER、MY1st、INFANT
の順番になります。



" KIDS "

まずは通常の59FIFTYをそのまま小さくした"KIDS"
6-7/8(54.9cm)からが通常サイズになり、
それより下のサイズキッズサイズとなります。


左がキッズサイズ、右が通常の7-1/2(59.6cm)になります。
通常同様、1cm単位でのサイズ展開になります。




" YOUTH "

後ろがアジャスタブル使用の9FORTY。
こちらは約52cm〜55.8cmまではサイズの調節が可能です。


通常の9FORTYでも少しサイズ感が大きく感じられる方や、
ヘッドサイズが小さい女性にもオススメです。





" CHILD-YOUTH "

まだ国内規格では展開がされていない39THIRTYのキッズモデル。
ストレッチ素材が効いている為、伸び縮みします。
サイズ感は上で紹介した9FORTYと変わらず約52cm〜55cm程度ですが
こちらの方が頭にフィットする作りになっています。






" CHILD "

"YOUTH"よりも若干小さいのが"CHILD"になります。



写真だと分かりづらいですが、CHILDの方が小さいです。






" TODDLER "

"CHILD"よりもさらに小さいサイズになります。


TODDERサイズから安全性を確保する為、
トップのボタンが外されています。




9TWENTYのTODDER方が若干小さくなります。





ここまでのサイズを比べるとこのこの順番になります





" MY 1st "

こちらも安全性を確保するためトップボタンを取り外し、
バックラムとスウェットバンドの生地をより柔らかな素材なっています。
きめ細かな配慮が施された最小サイズのヘッドウェアは、
キッズの成長を見守るのに相応しい仕上がりです。
約46.3~50.3cm








" INFANT "

最後にTODDERやMY 1stより更に小さいサイズがINFANTになります。
作りは9TWENTY"TODDER"と変わりませんがこちらの方が、
若干小さくなります。




一度おさらいしますが、大きい順から
KIDS、YOUTH、CHILD、TODDER、MY1st、INFANTの順番になります。
馴染みの無い表記なので少し分かりづらいと思いますが是非ご参考に。


2018年6月25日月曜日

ガンバレ日本!記憶に、記録に残るメモリアルなワールドカップ記念アイテムを今週は毎日アップ!



毎晩熱戦が繰り広げられております2018 ロシア ワールドカップ。

日本代表も直前の監督交代なので不安視される声が多い中、逆境を乗り越えてここまで予選グループリーグ1勝1分の勝ち点4と大方の予想を覆す大健闘中です。

ということで緊急取扱開始、ということでオフィシャルライセンスアイテムからトップオブザワールド製のロープロファイルキャップ、アディダス製のTシャツをアップいたしました。




当店初の取り扱いとなりますトップオブザワールドですが、実に40年近い歴史を持つキャップメーカーでアメリカではカレッジスポーツのオフィシャルモデルを多く手掛けており、現在は約550校とライセンス契約を結んでおります。









そしてサッカーといえばアディダス。

こちらキッズサイズもご用意いたしました。

更に今週はナショナルチームアイテムを毎日アップいたします。

日本代表が初めてワールドカップで南米チームを撃破!
本田圭佑選手が3大会連続ゴールでアジア人歴代最多得点!
等歴史に残る今大会。

のちにこの時代を生きたことを自慢できるように、このメモリアルなワールドカップの記念アイテムを是非。









2018年6月18日月曜日

NBAものT-shirtをご紹介!!


当店はキャップ屋ですが、実はTシャツ類も非常に充実しております。
今回はNBA物のTシャツをご紹介します。

基本的に海外取り寄せがメインとなります。
詳しくは下記画像をご覧ください。


1.ポール ジョージモデル NBA オールスター 2018 in ロサンゼルス 【ALL-STAR GAME NAME&NUMBER T-SHIRT/WHT】 


2018 NBA オールスターに出場した選手のネーム&ナンバーモデルになります。
オールスターのユニファームを手掛けたJORDAN BRANDからのリリースです。
ホワイト×ブラックの定番カラーが買いやすいポイント!!

再生産の無いアイテムになりますので是非。


2.ポール ピアースモデル 【PAUL PIERCE GRAPHIC T-SHIRT】





98年から2013年までチームに在籍し、2018年には永久欠番となったボストン セルティックスのポール ピアーズモデルのフォトTシャツ&ネーム・ナンバーTシャツになります。

ポール ピアーズファンに必見のアイテムとなっております。


3.カワイ レナードモデル ナイキ スパーズ【CITY-EDITION NAME&NUMBER T-SHIRT/BLK】



リリース直後に話題となった
シティシリーズのアイテムになります。

ちなみに他モデルは、



同モデルのキャップ・ユニフォームもありますので、そちらもどうぞ。


4.ジョエル エンビードモデル MAJESTIC フィラデルフィア 76ERS 【JOEL EMBIID MASK T-SHIRT/RYL】 


2017-18シーズン終盤を怒濤の16連勝、アイバーソン時代の2000-01シーズン以来の
レギュラーシーズン50勝を 達成し6年振りのプレーオフ進出を果たした
フィラデルフィア 76ers。
こちらその躍動の中心となったセンター、 
ジョエル エンビードモデルのTシャツになります。


5.PLAYER PACK PERFORMANCE T-SHIRT
全5種類












人気プレイヤーの人気なシーンがプリントされたTシャツになります。
シンプルめなアイテムが好きな方にオススメです。

いい感じのフォトTなので、オシャレを演出してくれること間違いなし。

6.ナイキ ゴールデンステイト ウォリアーズ【2018 NBA FINALS CHAMPIONS LOCKER ROOM T-SHIRT】


NBAの頂点を決めるNBAファイナルはキャバリアーズとウォリアーズの史上初となる4年連続同カードとなり、結果ウォリアーズが4連勝で勝利し、
 昨シーズンに続き、2年連続6度目のNBAファイナル王者になりました。

こちら優勝決定後選手たちが着用したロッカールームモデルとなります。

再生産の予定も恐らくないのでお早めにどうぞ。


まだまだ新商品も続々UP中ですので
お見逃しなく!!